Cliquez ici pour modifier le titre

Classical & Jazz music… 
a new way with 
Continuo Musique !
Le Classique & le Jazz… autrement

« BAL(L)ADES – Un itinéraire musical, 1972-2012 » 

Dominique Probst

CD : Ballades : De la mort à la vie - A night in the rainforest - L’Ile de Lumière -Tehillim - Lamento - Coda - Et la lumière luit dans les ténèbres - Dieu, tu es mon Dieu je te cherche dès l’aube - 4... ou les saisons d’une vie - Poursuivre le chemin.

DVD : L'Ile de Lumière, Dominique Probst  Un film de Laura Beldiman et Jean-Philippe Raymond

Orchestre de Picardie - Olivier Holt, direction

Laurent Rannou, cello - Tatiana Probst, soprano - Jonas Atlan, piano 

Ramon de Herrera, guitare - Thomas Leleu, tuba - Jean-Marc Fessard, clarinette basse

Jouant à la fois dans son titre sur le sens des mots ‘ballade’ et ‘balade’, ce projet conjoint de CD et DVD (dual disque) est constitué du documentaire musical de Laura Beldiman et Jean-Philippe Raymond intitulé L’Ile de Lumière, Dominique Probst (52’ / Hibou Production) ainsi que d’une monographie consacrée au compositeur à l’occasion de ses 40 ans de carrière. Celle-ci propose un choix de partitions instrumentales, vocales et orchestrales (profanes ou sacrées) échelonnées de 1972 à 2012 qui témoignent de l’oeuvre attachante d’un musicien de notre temps trop peu présent au disque en dehors de son opéra Maximilien Kolbe composé sur un livret d’Eugène Ionesco (Orphée d’Or 1991 de l’Académie Nationale du Disque Lyrique, Prix Massenet de la meilleure initiative honorant un compositeur français / Cybélia réédité en 2009 chez Integral Classic).

Playing both in its title the meaning of the words 'ballade' et 'balade' this joint project of CDs and DVDs (dual disc) consists of the musical documentary Laura Beldiman and Jean-Philippe Raymond entitled « The Island of Light » Dominique Probst (52 '/ Hibou Production) and a monograph on the composer during his 40 year career. It offers a variety of instrumental scores, vocal and orchestral (secular or sacred) staggered 1972-2012 that reflect the work of an endearing musician of our time not so enough recorded on CD, outside its opera composed Maximilian Kolbe libretto by Eugène Ionesco (Orphée d'Or 1991 of the National Academy of Lyrique CD, the best price Massenet initiative honoring a french composer / Cybelia recording reissued in 2009 by Integral Classic).

« Eclectic composer born in Paris in 1954, Dominique Probst develops since four decades a rich and varied body of musical works which blends happily on the same wavelength, classical music and popular languages ​​of today. The music of Probst is one of those that we want to share ».  CADENCES Magazine

“Ballade”(バラード)と”Balade”(散歩)の二つの意味を掛け合わせたタイトルのこの

プロジェクトは、「光の島」(52分・イブー・プロダクション)と題され、作曲家ドミ

ニク・プローブストの作曲活動40年を記念してローラ・ベルディマンとジャン=フィリ

ップ・レモンの音楽ドキュメンタリーにより、モノグラフィー形式で制作された。CDと

DVDの2枚ディスクになっている。

これらは、器楽曲、声楽曲、オーケストラ作品(世俗曲と宗教曲)の選集で、1972年

から2012年までにこの現代作曲家が制作した魅力的な作品群を辿ることができる。実

のところプローブストの作品は、ディスクのかたちではほとんど残されておらず、ウジェ

ーヌ・イヨネスコの台本に作曲された『マクシミリアン・コルベ』1991年、アカデミ

ー・ナショナル・デュ・ディスク・リリークのオルフェ・ドール賞、および優れたフラン

ス人作曲家に贈られるマスネ賞を受賞。2009年にはオペラ『シベリア』がアンテグラ

ル・クラシックよりで再出版されているのみである。

「サル・プレイエルにおけるオーケストラ・コロンヌの演奏で、ドミニク・プローブスト

の小品の傑作「光の島」を聴いた。稀に見るクオリティをもつディヴェルティッスメント

で、その精巧なオーケストレーションに耳を傾けていると、フランスの“Ile de Ré”(レ島

)の様々な風景が目に浮かぶのである」

ピエール・プティ(フィガロ紙、1996年4月4日木曜日)

「ドミニク・プローブストはフランス音楽のいかなる系譜にも属しない。彼の音楽は乱雑

的な色彩や無調の前衛的空気感の表現に通じるとともに、今日広く親しまれている音楽的

語法を退けず、ときにジャズやロックの色調に近いものさえ帯びる。そうかと思えば伝統

的な調性を自由に革新的に採り入れもしている。アンリー・デュティユーの弟子にしてパ

ーカッション奏者でもあるこの音楽家は、演劇界で育ちさまざまな仕事を目にしてきた。

そのためか、彼には舞台についてのドラマティックな動きの生来の感性があり、また力強

さと真の単純さが備わっている。これらが彼の作品を魅力的にしているのである。ここに

現れたこの注目すべき才能によって、彼は若い世代の貴長な作曲家のひとりに数えられる

。」

ブノワ・デュトゥルトル(1991年5月「ディアパゾン」)